loading
KOURAKUEN style FOLLOW ME!
KOURAKUEN STYLE

All New Happy!新しいしあわせ、次々と。
幸楽苑からしあわせスタイルを提案する
WEBマガジン『KOURAKUEN STYLE』

Ramen

Special


わたしとイッパイの幸せ Vol.1 – 佐々木ゆかさん

2022.01.11

周りの目を気にせず、好きなだけラーメンをすする幸せな時間……そんな“ひとりラーメン”の尽きない魅力を発信していく「わたしとイッパイの幸せ」。初回のゲストは佐々木ゆかさん。TikTokで話題になったアーティスト「Wurts」のMVに出演すると“この可愛い子は誰だ?!”と世間を賑わせた。その後もガールズアワードオーディション特別賞を受賞するなど、今波に乗っているモデルだ。

 


 

賑わう店内に足を踏み入れた佐々木さん。「ラーメン大好きなんです」と、席へ向かう足取りは軽く、ウキウキした様子だ

 

―ラーメンがお好きなんですね。

 

基本的に麺類全般が大好きなんですけど、特にラーメンは大好き。週に一回は食べに行っているんじゃないかな。だから今日はしっかり食べるつもりでお腹をすかせてきました(笑)

 

 

―なんと心強い言葉!今日はメニューからなんでも好きなもの頼んでくださいね。

 

いつもは「中華そば」を頼むんですけど、メニューを見ていると色々あって迷っちゃうな。チャーシューが4枚も乗っている肉ラーメンはかなりインパクトあるし気になる……。チャーシュー好きなんですよね(笑)でも今日はなんだか新しいものに挑戦したい気分なので、「塩野菜タンメン」にします。お腹も空いてるし餃子もつけちゃおっと!

 

 

 

注文して間も無くすると、最新型の配膳ロボットがテーブルの間を縫って席まで運んできてくれた。白濁した塩味のスープに、炒められた野菜がたっぷり盛られた塩野菜タンメン。胡椒の香りもピリッと効いている。

 

―熱々のうちに召し上がってください。

 

ロボットが持ってきてくれるなんておもしろい!こんなの初めてです。いただきます!

 

 

 

―お味はいかがですか?

 

美味しい〜!想像以上に野菜が盛り沢山で嬉しいです。あっさりとした塩味も体に染みます……。幸楽苑の味は、地元で食べていた頃を思い出すからなのかすごく安心する。懐かしい味がします。

 

 

―ラーメンを食べて地元を思い出すって素敵。まさに“故郷の味”ですね。

 

幸楽苑といえば学生の頃を思い出します。高校生の時は、放課後に限らず休日に遊ぶ時も、集合したらまず幸楽苑に行ってお腹を満たすことが多かったです。感覚としてはファミレスに近いですね。値段もお手頃だったので、当時は本当に助かっていました。

 

 

―餃子はどうですか?

 

ジューシーな肉感はそのままに野菜の食感や味も感じられて美味しいです!毎回ラーメンと一緒についつい頼んじゃうくらい餃子も大好きなんですよね。タレはいつも酢コショウ!

 

 

―ひとりラーメンはよく行きますか?

 

めちゃくちゃ行きます!ラーメンを食べに行く時は、一人の方が多いんじゃないかなっていうくらい。友達とランチしに行くような洒落たお店にはなかなか一人で行きづらいけど、ラーメン屋さんは入りやすい。お店の人も他のお客さんもラフな感じなので、何も気にしなくていいところがいいですよね。注文したらすぐに出てくるところも最高。手早くお腹を満たしたいときによく行っているかもしれません(笑)

 

 

 

旨味の染み出たスープをレンゲ一杯口まで運んで、最後の締め。食べ終えた後の満足そうな佐々木さんの表情は、心なしか食べる前よりも輝いて見えた。

 

ああ〜美味しかった!ごちそうさまでした。

 

 


 

(ライター後記)

今回のゲストの佐々木さんは “ひとりラーメン”に慣れている玄人だったのだが、なかなか足を踏み出せない人がいるのは初回の壁があるからなのではと言っていた。確かにラーメン屋に行き慣れていない人からすると、白い手ぬぐいを頭に巻いた強面のおじさんが厨房で静かに湯切りをしているようなイメージがまだあるのかも……。そういった意味では、窓も多く明るい店内に、ファミリー層や若いカップル、サラリーマンと幅広い客層で賑わう幸楽苑はひとりラーメンデビューにはうってつけなのではないだろうか。

SHARE THIS POST